覆面の羊のネタバレとzip,rar使わずに無料dlする方法を紹介!webコミックガンマで連載中の人気作

つばさ
つばさ

舟木涼介さんの人気作「覆面の羊」のネタバレと無料ダウンロードする方法の紹介になります。

謎に包まれている地下の施設で繰り広げられるミステリー!

会いたい人に会える秘密の研究所がそこにはあるー!?

著者・作者 船木涼介、WEBコミックガンマ
掲載雑誌 WEBコミックガンマ
発行元 竹書房
ジャンル サスペンス・ミステリー
価格 100円

今すぐに「覆面の羊」を読みたい方は、U-NEXTの初回登録で600円分のポイントがもらえますので、そのポイントを利用して完全無料にて読むことが可能です。

無料トライアル中に解約してもペナルティはありませんので、気になる方はご覧になってみてくださいね!

→無料会員登録で600円分のポイントゲット!「覆面の羊」を完全無料でダウンロードするならこちら

「覆面の羊」1話の簡単なネタバレ

ある地下室で行われる取引

 

「覆面の羊」は冒頭から怪しげな雰囲気で始まります。

場所は地下室のようで、30代後半くらいの短髪の男がガスマスクの覆面をした男に問われていました。

「あなたは、必ず約束を守れますか?」と。

 

男は激しく抵抗し、

「無理に決まっているだろ!必ず表沙汰にしてやる」

と言ってききません。

 

それを聞いたガスマスクは、「仕方ない、お願いします」と言い、ほかの職員に男を連行させ、何やら怪しげな拷問椅子ともとれる機器に男を縛り付けました。

なおも激しく抵抗しようとする男。

男の頭には電子機器が取り付けられています。

 

でもしばらくすると、男も気を失って

「ああ…あ、ああ…」

としか言わなくなりました。

複数の化学員?が囲うなか、男は奥に連れていかれるのでした。

 

地下室に案内される青年

 

シーンは変わり、今度は青年が地下室へ案内されています。

青年はスタッフに「この階段を下りていけば、君が求めている“施設”に辿り着く」と言われます。

施設に着いたら、再び別の“案内人”が出てくるそうで、それからはその案内人の指示に従ってほしい、とのこと。

 

青年は半信半疑になりながらも、ゆっくりと地下へ向かいます。

そして地下の大きな扉を開けると、そこにはおそらくはヒトを保管するであろう大きな液体カプセルが無数におかれており、動物たちが入れられた小さな檻が、所せましと並んでいました。

青年は驚きながらも、物珍しそうに周囲を見渡します。

 

すると、そこへ一人の案内人が登場します。

それは、冒頭で現れたガスマスクでした。

ガスマスクは女性のようで、「お待ちしておりました」と一言挨拶します。

簡単に挨拶を済ませたあと、ガスマスクは青年を個室へ案内します。

 

机と椅子が中央に置かれた簡素な部屋に案内される青年。

すると、ガスマスクは怪しげな書類を提示します。

 

「これからこちらの書類の内容を全て確認してもらいます」

「ですが、条件や約束事が多数ございますので、私がこの場で内容を全て音読します」

「しっかり内容を把握していただくようお願いします」

「本日は説明のみでお引き取り頂き、一考した後で来週改めてこちらにお越しください」

「その時点でも依頼する意思が固まっているようでしたら、契約書にサインして頂きます」

「ですので、次回は印鑑をお持ちください」

「我々が動き始めるのはそこからになります」

 

簡単な解説を受けた青年は、ガタっと椅子から立ち上がって言うのでした。

「1週間もいらない!」

「条件も約束も守るし、後で説明もちゃんと聞くから、今すぐに動き出してくれ!」

そう男は懇願します。

 

でも、ガスマスクは「それはできません」と突っぱねます。

すると男は右手で掴んだボールペンを勢いよく振りかざし、自分の左手を傷つながら言うのでした。

「押印を今すぐ押す!契約書を持ってきてくれ!1週間なんて時間の無駄だから早く進めてくれ!」

「1秒でも早く“彼女”に合わせてーー」

 

青年の言葉をさえぎって、ガスマスクが応対します。

「加藤さん、勘違いされては困ります」

「ここでの案内人は、私です」

ガスマスクは威圧感ありの態度でねじ伏せるのでした。

 

加藤は思い出します。

1人目の案内人が、「下はまともじゃない」と言われていたことにー。

 

ガスマスクは綺麗な女性だった

 

一通りの説明を受けた後、加藤はその場から立ち去ろうとします。

そしてガスマスクに伝えます。

「説明を聞いた今の時点でも俺の気持ちは変わらない」と。

 

別室にある地下室の事務室へ向かうガスマスク。

「ふう、疲れた」

そして脱がれたガスマスクから現れたのは、なんとも綺麗な女性でした。

事務処理を済ませていると、彼女の元に一人に研究員が訪ねてきます。

 

「美月様、本日のカルテを受け取りにきました」

そう言われカルテを渡す美月。

すると美月は一言、その研究員に質問します。

「ねえヤマダさん、一つ聞いていい?」

「ヤマダさんも、例えば何を捨ててでももう一度会いたい人がいるの?」

「ここに依頼に来る人たちのように」

 

そう問われたヤマダは答えます。

「そうですね、今の時点ではわかりませんが、もし仮に美月様がいなくなったとしたら、私はもう一度会いたいと思うでしょうね」

そっかと言う美月。

そして今度はヤマダに美月が同じ質問を問われます。

 

すると美月は

「ヤマダさんのことは好きだけど、どうかな…わかんない」

と言うのでした。

そして会いたい人について思いを巡らす美月―。

 

シーンは変わり、地下の牢獄へ。

そこにはまるでギャンブル漫画のカイジに出てくるような檻があり、手足を拘束された囚人のような男がたたずんでいてー!?

この続きは本編でお楽しみください!

「覆面の羊」を完全無料でダウンロードする方法

2020年2月現在「覆面の羊」はU-NEXTで販売されています。

違法海賊版サイトにアップロードされているzip,rarファイルのダウンロードはウイルス感染や仮想通貨のマインニングが遠隔で行われるので危険です。

でも、U-NEXTなら無料会員登録でもらえる600円分のポイントを利用して完全無料にてダウンロードすることが可能です!

無料期間中の解約でもペナルティは一切なく登録も3分でできますので、「覆面の羊」が気になる方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

→無料会員登録で600円分のポイントゲット!「覆面の羊」を完全無料でダウンロードするならこちら

電子書籍

本ページの情報はR2年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました