夏目アラタの結婚 ネタバレ14話|真珠のベビーが出来上がる?アラタに出された宿題とは

つばさ
つばさ

「夏目アラタの結婚」14話の簡単なネタバレと感想、無料試し読みになります。

真珠の心を開かせようと素顔で話すアラタに出された宿題とは?

真珠との子供ができるかもしれない14話となっています!

著者・作者 乃木坂太郎(のぎざかたろう)
掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
発行元 小学館
ジャンル サスペンス・ミステリー
価格 90円

「夏目アラタの結婚」は他サイトより少し安くお求めできる「まんが王国」で読むことができます。

ほかにはない先行配信もされていますので、お得に早く読みたい方にはおススメです。

→無料会員登録実施中!「夏目アラタの結婚」を半額クーポンつきのまんが王国で読むならこちら

夏目アラタの結婚 14話の簡単なネタバレ

真珠の心を開かせるために素顔で会話するアラタ

女に関しては来るもの拒まずだったと言うアラタ。

俺を変えようって女はどうしてもダメだったと言います。

 

例えば、「ちょっと前髪下ろしてみて」と言われることが、アラタにとってはものすごくイラっとくるらしいです。

“だから”、真珠にも俺に合わせてほしくなく、ありのままの自分でいてほしい、それを全て受けとめると伝えます。

これには一瞬頬を赤らめて愛らしい表情をする真珠。

 

アラタは元々町のチンピラみたいな存在だったので、2人でピエロの格好をして式を挙げるのも悪くないと言います。

そして、案に(勘の良いお前ならわかるだろ?俺がいま、素顔で話していることに)と諭すのでした。

真珠はいったん間をおいたあとで、「歯を治すななんてバッカじゃねえの」とつぶやきます。

「こんな歯がお気に入りなわけねえだろ!!」と怒鳴ります。

 

するとアラタも応戦します。

「それでも他人に治せって言われると腹立つだろ?」

「治せばもっとキレイになるのに…、その歯ヤバいよ?すごいね、磨いてる?」

「ざけんじゃねえよ!治すのにいくらかかると思ってんだよ!!歯並びがいいだけでなんで上から目線なんだよクソ野郎が!!」

そう怒鳴りながら話した後、冷静になって言うのでした。

「俺ならそう思う」と。

 

真珠は答えます。

「ボクは何にも選べずに生きてきた。誰かから与えられたものだけで生活してきた」

「化粧も知らない、服を選ぶセンスもない」

「アラタの考える“本当のボク”なんて、どこにもいないのさ!」

そう高ら笑いをしてお腹をかかえながらアラタを指さします。

 

そうするとアラタは自信に満ちた表情で

「見つけていこうぜ、2人で一つずつさ」

と言い、真珠の心を開かせようとします。

思いがけないアラタの発言に言葉を失う真珠。

 

そしてアラタは「試しにスポーツブラ差し入れたけど、どう?」と聞きます。

すると真珠は「趣味じゃない、つけてないよ」と言いました。

こんなやり取りをしている間、アラタは内心思っていました。

 

(何やってんだ俺?こうまでして真珠の心を開かせて、卓斗の親父の首を見つけなきゃいけねえの?)

(いや、正直になろうぜ、もうそれだけじゃねえってことに)

(心のどこからで俺は、この連続殺人犯を人間らしくしてやりたいと思いはじめてる…!)

 

そんなことを思っていると、真珠が口を開きます。

「カッコいいこと言ってるけどさ、結局婚姻届けを出さないための言い訳なんじゃないの?アラタ」

「死刑囚と結婚すると身内にバレたら迷惑がかかるだろうし、アラタのお母さんも堅い職業の人と再婚してるんでしょ?」

と言うのです。

 

なんで母親のことを知っているのかと、一瞬ですが虚を突かれたような表情をするアラタ。

アラタの母の再婚相手は、大手金融系の役職付きだそう。

 

そして真珠は続けます。

「もしアラタが離婚したくなっても、ボクがゴネるのは目に見えてるしね!裁判で何年争うことになるか…紙切れ一枚でしょいこむトラブルがいっぱいだ!」

そう真珠が言いますが、「そういうことじゃねえよ」とアラタは切り返します。

そして、「それは、お前が怖いからだ」と続けるのでした。

言葉が出ない真珠。

 

アラタが言うには、一度も女と同棲したことがなく、身体が触れる近さで眠る気持ち良さを想像できなくて、生活を分かち合うことが怖いのだそうです。

真珠が「ボクは拘置所の中だよ」と返すと、アラタは「出るね…つったろお前」と応戦します。

真珠が「本気にしたの?」と言うと、アラタは「ああ」と言うのでした。

 

アラタとの時間をつくるために脱獄を示唆する真珠

 

続けて真珠が話します。

「無実を信じてくれるんだ?じゃあ、一つ宿題を出すね!」

「24時間あったら2人で何するか、考えておいて!!」

そう2人を隔てるガラスに顔を押し付けながら言うのです。

 

これにはアラタも不思議そうな顔をして考え込んでいます。

「式は挙げられるよね、ほかにも何かおいしいもの食べて~」

「国内ならどこでも行けるよね!でも24時間もないかも?」

「出てすぐ戻ることになるかもしれないし、逆にひょっとしたら1週間くらいは自由かも?」

 

そう立て続けに真珠が話すと、アラタは聞くのでした。

「まさか、脱獄する気か?」と。

「ムリだぞお前!ここ最新設備っぽいし、この人(警備員)も聞いてるし!」

 

アラタの言葉を気にせずに真珠は続けます。

「せめて、1時間は欲しいよね、アラタ。1時間あれば愛し合ってべビーも作れる」

そう、顔を赤らめて手を合わせ薄ら笑いをしながら真珠は言うのです。

 

これにはアラタも引きつった顔で質問します。

「お前、子供は大嫌いじゃなかったのかよ?」

そう言われると真珠は、

「アラタとなら、試しても、いいよ?」

そう、自分の股間に手を入れて女っぽさを醸し出しながらアラタを誘う真珠なのでした。

夏目アラタの結婚 14話を読んだつばさの感想

ひたすらアラタが真珠の心を開かせるために口説こうとした14話でした!

そういう意味では、脱獄してまでアラタとの時間を過ごそうと思い、果ては「子供」まで作ろうと言い出した真珠は、アラタに心を開かせられたのではないでしょうか。

 

13話までの真珠は「子供・赤ちゃん」といったワードにひどく恐怖心を覚えているようでしたが、自分から言い出すなんて正直私もビックリしましたね。

真珠が「(拘置所から)出るね」と言った言葉が正式に出所するということではなく、元々脱獄を示唆していたのであれば、これまでの辻褄も合うかもしれません。

急な真珠の心変わりがどうストーリーに影響していくのか必見です!

「夏目アラタの結婚」を一番お得に読む方法は?

「夏目アラタの結婚」は私が6年以上愛用している「まんが王国」で唯一先行配信されています

そんなまんが王国には

  • ①初回登録限定で半額クーポン ←超おススメ
  • ②無料、じっくり試し読みがある
  • ③スマホ・PC・タブレットでも読める
  • ④スマホのキャリア決済が可能
  • ⑤色んなランキングがあって見やすい
  • ⑥請求書から読んだ漫画がバレない
  • ⑦解約もすぐにできる

といったメリットがあります

登録は3分でできますので、「夏目アラタの結婚」が気になる方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

→無料会員登録実施中!「夏目アラタの結婚」を半額クーポンつきのまんが王国で読むならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました