夏目アラタの結婚 ネタバレ9話|真珠は子供が苦手で怖がっている?

つばさ
つばさ

「夏目アラタの結婚」9話の簡単なネタバレと感想、無料試し読みになります。

アラタとの面談でNGワードに過敏に反応してしまい、素になる真珠を見ることのできる貴重な第9話となっています。

著者・作者 乃木坂太郎(のぎざかたろう)
掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
発行元 小学館
ジャンル サスペンス・ミステリー
価格 90円

「夏目アラタの結婚」は他サイトより少し安くお求めできる「まんが王国」で読むことができます。

ほかにはない先行配信もされていますので、お得に早く読みたい方にはおススメです。

→無料会員登録実施中!「夏目アラタの結婚」を半額クーポンつきのまんが王国で読むならこちら

夏目アラタの結婚 9話の簡単なネタバレ

アラタの過去を桃に話す所長

 

所長と女子社員の桃が喫茶店で会話しています。

話のネタは先日所長に啖呵をきって、殺人犯の品川真珠と結婚をすると言ってきかないアラタです。

 

そんなアラタを思い出して、所長は懐かし気に話します。

元々アラタは女手一つで育てられて、苗字もコロコロと変わっていたのだそう。

夏目という苗字は亡くなった父親のもので、苗字を夏目にしてからは少し落ち着いたといいます。

 

当時を振り返ると来るもの拒まず女ともよく遊んでいたといいますが、特定の女に入れ込んだことはなかったそうで、そんなアラタの結婚相手が連続殺人犯になるとは思ってもみなかったと話します。

こう語る所長は、どこか寂しそうでした。

 

児童相談事務所のスタッフにこの件が知れると混乱を招くことから、しばらく所内には内密にしておこうと桃に言い、見守ってやってくれと頼みました。

 

真珠との面会で感情をあらわにされるアラタ

 

アラタは真珠に会いに、面会に来ました。

おととい周防英介さんの家族に会って、「腕が戻ってきたのでようやく前向きになれると話していた」と報告するも、そっけない返事をする真珠。

 

続けてアラタは話します。

「周防さんって元カレなんだよね?いつどこで知り合ったの?」

この質問に対して、明らかな不快感を示す真珠。

「何それ?そんなこと話さなきゃならないわけ?」

 

これに対してアラタは

「小さい男だと思うけどさぁ、どうしても気になっちゃうんだよ」

と大ウソで返します。

アラタにとって女とはしょせん自分の前を通り過ぎるだけの存在であり、恋愛とは程遠いものでもありました。

なので、真珠がいつ誰とどこで会おうと知ったことではありません。

 

でも、アラタには狙いがありました。

この質問で、真珠がいつどこで被害者たちと出会い、なぜ殺そうと思ったのかを知りたかったのです。

そしてあわよくば、自分を殺したいと思っているのなら、その理由も暴いてやりたいと思っていました。

 

ですが、真珠の返事は一言、

「気持ち悪い…」

と言われてしまいます。

 

でも懲りずにアラタは続けます。

「俺たち結婚するだろ?」

「ひょっとしたら、どこかにもう子供がいたりして、なんてことも…」

 

この瞬間、真珠がこれまで見せたこともない顔をして、二人を隔てるガラスに向かって思いっきり唾を吐き捨てます。

 

「生むわけないだろ、そんなもん」

悪魔のような形相をする真珠。

これを受けてアラタは、いつもの真珠ではなく、初めて会っていきなり帰ろうとした真珠が出てきたと察します。

 

これが本物の真珠だと理解するアラタ。

同時に、この真珠を切り崩さないといけないと決意します。

すると真珠から思いがけない言葉が飛び出します。

「寝たよ、初めてだった」

「会ったのは18のころ」

 

アラタはまだ納得した様子を見せず、

  • 2人でどこに行ったか
  • どんな映画を見たか
  • 旅行はしたのか

などなど懲りずに問い詰めます。

 

これを受けて再びキレてしまう真珠。

「なんなのアラタ!そんなこと聞いてどうすんの!気色悪い!」

 

真珠が怒鳴っても、アラタは動じずに返します。

「誰かのことを全部知りたいって思ったの、初めてなんだ」と。

これには真珠も言葉が出ずに沈黙します。

 

「前たちだけの特別な場所をすべて上書きして壊してやりたい!」

とアラタが真剣な表情で訴えかけます。

 

「周防よりアラタの方が好き、それでいいじゃん」

と説得する真珠。

ダメだと言い張るアラタ。

 

「お前がオレを愛しているわけがないからだ」

「子供みたいな字で手紙を送ってきた30男、それ以外に俺に何があるっていうんだ」

と興奮して嘘の気持ちを伝えようとします。

 

これには真珠も心を打たれてしまったのか、

「その手紙がボクには特別だったからだよ」

と返事します。

「あの子供みたいな字が、ボクの心を打ったんだよ」

とまるで酔ったような顔をして話すのでした。

夏目アラタの結婚 9話を読んだつばさの感想

激動の第9話でした!

アラタも嘘なのによく真剣な表情で真珠の心を打つことのできる言葉が次々と湧いてくるなぁと感心するほどの迫真の演技でしたよ(笑)

真珠も真珠で「子供」というワードに過度に反応していましたので、ここの伏線は今後の展開で解説されるんじゃないかと思います。

 

最後の方ではアラタの言葉をきっかけに鬼のような形相をしていた真珠が、デレて恋する乙女のようになっていましたので、危うく可愛いと思ってしまいそうでしたw

色々と見どころの多い回となっています。

「夏目アラタの結婚」を一番お得に読む方法は?

「夏目アラタの結婚」は私が6年以上愛用している「まんが王国」で唯一先行配信されています

そんなまんが王国には

  • 1、初回登録限定で半額クーポン ←超おススメ
  • 2、無料、じっくり試し読みがある
  • 3、スマホ・PC・タブレットでも読める
  • 4、スマホのキャリア決済が可能
  • 5、色んなランキングがあって見やすい
  • 6、請求書から読んだ漫画がバレない
  • 7、解約も1分でできる

といったメリットがあります

登録は3分でできますので、「夏目アラタの結婚」が気になる方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

→無料会員登録実施中!「夏目アラタの結婚」を半額クーポンつきのまんが王国で読むならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました