夫はグレーゾーン1巻のネタバレと半額で読む方法を紹介!無料試し読みもあり

つばさ
つばさ

「夫はグレーゾーン」1巻のネタバレと半額で読む方法の紹介になります。

昨今話題になっている“発達障害”について、当事者と周囲の関係を詳細に描いた隠れ話題作となっています。

「あるある」といった意見も多くなっていますので、本人だけでなく周りに発達障害の方がおられれば再確認できるコミックだと思います!

著者・作者 秋野さと
掲載雑誌 まんが王国コミックス
発行元 ビーグリー
ジャンル ヒューマンドラマ
価格 150円

「夫はグレーゾーン」を今すぐに読みたい方は、まんが王国がおススメです。

まんが王国では先行配信がされていますので、いち早く最新作を読むことができるだけでなく、半額クーポン付きなのでお得にお求めできるからです。

→無料会員登録実施中!「夫はグレーゾーン」を半額クーポン付きのまんが王国で読むならこちら

「夫はグレーゾーン」1巻の簡単なネタバレ

予想外の結婚生活に戸惑う妻の美和

 

主人公は大好きな夫・優斗と結婚生活を送る妻の美和。

優斗はマイペースだけどいつも笑顔で優しくて、はじめこそ幸せな結婚生活を送っていました。

でも、あんなことになるなんてー!?

 

今から1年前―

会社の同期だった美和と優斗は結婚していました。

会社での優斗の評価は“癒し系”で、ちょっと抜けているところはあるけれど、いじられたりからかわれたりしながらも、いつも笑っていて優しくて、そんな彼に美和は惹かれていました。

寿退社を経て甘い新婚生活が待っていると思っていたのですが…

 

家の片づけはせずにほったらかし
買い物に行っても超マイペース
周りを全く見ていない様子

 

などなど、結婚前は“ちょっと抜けてる天然男子”に見えたことも、次第に美和もイライラしてきます。

 

そして舞台は優斗の実家へ。

優斗の母は、昔から優斗はちょっと抜けているところがあると言います。

細かいことを気にしないというか、まっすぐ突き進むタイプなのだそう。

でも、優しくて決して怒らないでしょと言われます。

 

これには美和も賛同し、このときはその通りだと思っていました。

優斗はいつも穏やかで優しくて、この人とならずっと一緒にいられる!きっと幸せになれると思って結婚を踏み切りました。

 

でも、家での食事中も優斗は超がつくほどマイペース。

その日は夕食に優斗が好きな油味噌が出たのですが、美和は優斗が好物だと知らなかったらしく、

「じゃあ今度作るよ!」

と言うと、優斗は

「無理だよ、美和には作れない」

と言われます。

思わぬ言葉に声が出ない美和。

 

優斗は気にせず母と会話を続けます。

「そういえば隣のおばあちゃん、まだ生きてんの?」

「だって、死にそうだったじゃん」

美和は、優斗の発言にモヤモヤしていました。

 

すると優斗は食事中にも関わらず、突然席を立ったかと思いきや、いきなり「面白いものを見せてあげる!」と言うと、中学のときの通知表をもってきます。

(ホコリが…食べ終わるまで待てないの!?)

そんな風に美和は思っていました。

食事も食べ散らかすことが多い優斗。

美和は優斗の嫌なところばかりが目に付く自分も嫌になってきていました。

 

そして優斗の実家から帰宅する道中で、美和は優斗からお礼を言われます。

「ありがとうな、ウチの両親と仲良くしてくれて!」

これを聞いた美和は、いつもの優斗だ!と思います。

でも、次の言葉を聞いた美和は絶句します。

 

「結婚する前は心配したけどなー、母さんにもいろいろ言われてさ。」

「美和のこと、あんまり好きじゃないって」

明らかに動揺する美和。

 

(こんなふうに、優斗は唐突に心をえぐるような発言をする)

(とても自然に、でも悪気はまったくないようで…)

そして美和も若干キレ気味になってしまい

「ちょっと無神経じゃない?」

「言わなくてもいいことわざわざ言ったり!」

「やらなくていいことしたり、片付けは全然しなくて食べ方も汚い!一緒にいて恥ずかしいよ」

「もっと空気読んで!!」

 

そう美和が叫ぶと、優斗は悲しそうにして「がみがみ言って、そういうの嫌だな俺」といって、まるで美和が悪いかのごとく言うのでした。

そして優斗はコンビニに寄ると言って、その場を離れます。

美和が待ってと言っても聞く耳をもってくれません。

 

この出来事をきっかけに、美和は初めて気づくのでした。

優斗とまともに会話が続いたことがないことにー。

優斗が叱責されている場面に遭遇する美和

 

翌朝―

優斗は全く引きずらずに、いつも通り「いってくるね」と言って出社します。

これには美和もビックリするほどで、引きずらないのは良いけれど、何も解決してないよね…とちょっぴり憂鬱モードが入っています。

 

一方の優斗はと言うと、会社について同僚から挨拶をされても素通りで、遠い空を眺めながら

「今日は…うまくできるかなぁ…」

と言うのでした。

 

そして美和は家の掃除をしていると、ふと優斗がスマホを忘れていることに気づきます。

美和は「会社も久しぶりだし、届けてあげようかな、ちょっと言いすぎたし」

と思い、優斗へスマホを届けます。

 

するとそこで美和が見たものは、上司から叱責されてうつモードにまっしぐらの優斗でした。

「まったく…!何度目なんだお前は!」

「いい加減、笑い話じゃ済まないぞ!」

 

(えっ…何があったの…?)

と思う美和。

そして美和はそのままスマホを渡さずに、その場から退散してしまいます。

たまたま美和が来ていたのを見た元同僚の女子社員は、慌てて美和に電話をかけて事情を説明します。

元同僚の話によると、最近優斗は特に抜けているところが多くなり、今日も取引先との大きな約束を忘れていて、病的なほどだそう…

これには美和もハッとします。

優斗は何かがおかしいと確信する美和。

そして美和は、実のお母さんに電話をかけました。

 

シーンは変わり、優斗の会社へ。

そこでは今日の優斗のミスを取り返すべく、多くの社員があくせく働いていました。

 

「も~~毎度毎度、上川君やらかし!」

「なんで私たちが尻ぬぐいしないといけないの?」

「上川くんって絶対アレだよね」

「逆に、アレじゃなかったら何なのよ!あ~も~超迷惑!」

「早く辞めてくれないかなあ」

そんな風に優斗は言われていました。

 

シーンは戻り美和へ。

美和はお母さんに電話をかけたものの、ちょっと気になる本を見つけて後ほどかけると言います。

そしてその本を手に取ると、まさに優斗に当てはまることばかりが書かれているのでした。

話が通じない
会話が一方的
徹底的なマイペース
片づけが苦手
一度に複数のことをこなせない
ミスが多い
相手の気持ちに共感することができない

そういった症状のある方は、“発達障害”の可能性がありますー。

この続きは本編でお楽しみください!

「夫はグレーゾーン」を定価の半額で読む方法

「夫はグレーゾーン」は私が6年以上愛用している「まんが王国」で唯一先行配信されています!

そんなまんが王国には

  • ①初回登録限定で半額クーポン ←超おススメ
  • ②無料、じっくり試し読みがある
  • ③スマホ・PC・タブレットでも読める
  • ④スマホのキャリア決済が可能
  • ⑤色んなランキングがあって見やすい
  • ⑥請求書から読んだ漫画がバレない
  • ⑦解約もすぐにできる

といったメリットがあるだけでなく、現在

  • 1巻が完全無料キャンペーン中

となっています。

 

登録は3分でできますので、「夫はグレーゾーン」が気になる方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

→無料会員登録実施中!「夫はグレーゾーン」を半額クーポン付きのまんが王国で読むならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました